1. HOME
  2. 社員インタビュー
  3. 北田 真也

INTERVIEW

社員インタビュー

お客様から信頼されていると感じることができた時、大きな達成感を得ることができる。

北田 真也 Shinya Kitada 2017年12月入社
主任

Q.汐留社会保険労務士法人で働こうと決めたきっかけは?

以前から社会保険労務士業に興味があり、約2年の勉強を経て転職を決意いたしました。数ある事務所から当法人を選んだのは様々な社労士業務を経験できる点とパートナーズグループとして他の士業法人と連携をとることにより、普通の社労士事務所では学ぶことができない知識も身につくと考えたからです。社労士事務所も様々で、助成金のみ扱う事務所といった業務の偏りがある場所も多い中、当法人では様々な経験ができると思いました。

Q.働き始めたころ、印象に残っていることはありますか。

担当者ベースという考え方が非常に強いと感じています。
いい意味で担当者本人に責任感が芽生え、自分のスタイルで仕事をこなしていくことができます。そういった意味では今までの職場と違い、今まで以上に自主的に物事を考え取り組む姿勢が非常に大切だと感じています。自分の課題でもあると感じていますが、自主的に取り組み、担当したお客様から信頼されているなと感じることができた時、大きな達成感を感じることができると思います。

Q.現在のお仕事について聞かせてください。

具体的には担当する会社の手続き、給与計算、月次、年次業務をこなしながらイレギュラーに発生する相談に対応しています。例えば就業規則などの規程の作成といった業務から従業員に関する相談など多岐に渡ります。インターネット等自分で調べようとすればいくらでも調べることができる時代の中で、我々に求められるのは実績や経験から学んだ知識だと考えます。法律論だけではなく、お客様の必要としている回答を汲み取りお答えすることより、お客様から信頼を得られ、それがやりがいに繋がっていくと思います。

Q.未経験からの転職を考えている人へ一言お願いします。

前職時代の上司が社会保険労務士の資格を持っており、そのときに初めてこの資格のことを知りました。社会保険のことや年金といった今までなんとなくは知っていたけれど詳しくはわからないことがほとんどでしたので、最初は興味本位で勉強してみようと思ったのがきっかけでした。勉強が進むにつれて人事・労務の仕事にも興味が沸き、本格的に目指そうと考えました。自分が想像していた以上に早く顧問を持たせて頂けるようになり、当初は不安もたくさんありましたが、諸先輩方にフォローして頂きながら日々奮闘しています。

Q.オフの日はどのように過ごしていますか?

メリハリをつける為にオフの日は仕事のことを考えないようにしています。
何か趣味をもつことも大事だと考えます。
また妻と時間を合わせ外に出るようにしています。

Q.今後の目標は?

個人的には独立開業を目標としています。
その為にはもっと経験を積み、自分の強みを持たないといけないと感じています。
当法人は自分に余裕があれば本当に何でもチャレンジできる職場なので独立開業を目指している方にもたくさんのチャンスがあると感じます。

Q.北田さんにとって、「汐留社会保険労務士法人」はどんな場所ですか?

主体性を持ち、本人次第で様々なことにチャレンジができる会社だと思います。
その為のサポート体制も整っていると感じます。