汐留パートナーズグループ 沖縄事務所のブログ

もんじゃ焼きのルーツ

プライベート

こんにちは

先日久しぶりに学生時代の友人たちと食事に行き、月島でもんじゃ焼きを食べてきました。みなさんはもんじゃ焼きってお好きでしょうか?チーズやおもちをいれて、少し焦げてカリカリになっている所なんか、最高ですよね?

関西人の私にはあまり馴染みがないもんじゃ焼きなのですが、実はもんじゃ焼きのルーツはお好み焼きにあるということをご存知でしょうか。

その昔関東下町の駄菓子屋さんで、当時関西で流行っていたお好み焼きを作ろうとしたところ、出汁を入れすぎて失敗したことから始まったと言われています。(諸説あり)

一見失敗と思われることから新しい発見があって、今日のもんじゃ焼き文化が誕生したんですね。

私もよく失敗をします。失敗するととても落ち込みます。ですが、実はこの失敗から新しい何かが生まれてくるチャンスなのでは?と思うと、それだけで楽しい気持ちになりませんか?ポジティブな気持ちを忘れずに日々過ごしていきたいですね。

そういえば友人に「関西人だからヘラの扱いが上手だね」と言われましたが、お好み焼きは自宅で作るのでお箸で食べていました。関西人にはヘラ使いのイメージがあるのでしょうか。

ちなみに私のお好み焼きのオススメは「おはなはん」です。簡単で美味しいです。機会があればぜひ食べてみてください。

松尾

かき氷

プライベート

4月に入り暖かい日が増えてきました。

かき氷にはまっている私としては、寒さに耐えながら食べる冬を乗り越え、ようやく体調を崩さずに食べられる季節になりとても嬉しいです。はまりたての頃は東京中のかき氷専門店をまわりましたが、最近はお気に入りのお店にしか行っていません。

そこで最近食べたかき氷は、桜のかき氷です。

上に乗っている桜の花のゼリーが本当にきれいでした。中には小豆が入っていて、全体的に桜のシロップ(ミルク?)がかかっています。本当に美味しかったです。

氷といえどクリームやシロップで高脂質高カロリーな食べ物なので、食べすぎないよう気を付けます。

かたよせ

出会いと別れの…

プライベート

あっという間に春がやってきましたね。

卒業式、入社式、新生活の始まり、多くのイベントがあり

慌ただしくも新しい始まりを感じられるそんな季節ですね。

私はそんな春が少し苦手で、

以前、友人に春は出会いと別れで何だか切ないから嫌いと話したら

普段そんなキャラじゃないからかすごく笑われてしまいましたが、

分かる方もきっといると思います。

そして、

人との別れや物事の終わりの時に、自分から逃げたままになっている人や物事については後々後悔が付きまとうんだなあということを最近すごく思います。

逆に思い切ってやって盛大に失敗したことや、思い切ってぶつかって結果上手くいかなかったことは今では酒のつまみ的なやつです。

なんだかセンチメンタルな内容になってしまいましたが、たまには難しいことは考えずに春の風を感じながらビールでも飲みたいものです。

さかたに

ニュース

プライベート

ウクライナとロシアのニュースを見ていると心が痛みますね

そして、そのニュースを見聞きしながら思い出すのは

コロナ禍がはじまる前の2019年にロシアへ旅をしたことです

ビザを取得するのがとても面倒だったこと

LINEが使えないと言われ周囲に心配されながら出発したこと

英語が全く通じず、キリル文字も読めず困り果てたこと

不安を感じるほど地下鉄が深かったこと

たくさんの不安があった半面、振り返ってみると楽しかった記憶の方が多いです

綺麗な街並み

美味しかったロシア料理

階段でお兄さんがスーツケースを一緒に引き上げてくれた

電車であたふたしていたら、おじいさんが停車駅を降りた先の長い道のりを無言で先導してくれたこと

ロシアの街を歩いていて怖いと感じたことは一度もありませんでした

そんな暖かい思い出がある国、

また行きたいなと思っていた国を取り巻く状況にとても複雑な思いを感じます

一日も早く争いがおさまることを祈ります

金城

サブスク

プライベート

数年前からサブスクで映画やドラマを見ることが増えました。

最近見た中で良かった映画は、今泉力哉監督の『街の上で』と、『愛がなんだ』です。

ゆったりしていて、時々クスっとしたりもして、非常に好きな雰囲気の映画でした。

何よりも登場する女の子がとても魅力的で可愛いです。

好きな時に好きな動画を見れる、本当に便利な世の中になったものですが、

レンタルショップに行って、パッケージを裏返してあらすじを読んで

ワクワクしながらDVDを選ぶ時間はとても良いものだったなとも思います。

さて、話は変わりますがもうすぐ北京オリンピックが始まりますね。

冬のオリンピックは地元・北海道出身の選手がたくさん活躍するのも楽しみの一つです。

温かい家の中から応援する予定です!

矢野

読書

秋がやってきました。
読書の秋にちなみ、最近読んだ本を紹介させていただきます。

・愛を科学で測った男―異端の心理学者ハリー・ハーロウとサル実験の真実

画期的な「代理母」実験や悪名高き隔離実験で愛の本質を追究した天才心理学者の破天荒な人生と愛の心理学の変遷をピュリッツァー賞受賞作家が余すところなく描き尽くす。(「BOOK」データベースより)

親子の身体的接触が乳児の発達に有害であると考えられていた時代。
サルの社会(ひいては人間の社会)におけるスキンシップや愛の重要性を理解しようと一心不乱に努力した彼(ハリー・ハーロウ)の功績が記されています。

赤ちゃんザルが布製の母親にしがみつく有名な「代理母実験」など、彼は様々な実験をしました。

愛の最良の部分だけではなく、暗い面をも探求しようとした結果、「絶望の淵」と呼ばれる完全隔離実験を考案し、心理学的に障害され、ヒトのうつ病のモデルとして使用されるサルをすばやく生み出しました。

前述のような陰惨な実験や、時に見せる露悪的な態度から、非倫理的とみなされ非難されることも多くあり、彼の複雑な人間性も丁寧に描かれています。

伝記でもなく、心理学の歴史を書いた本でもない、中々とっつきづらい本ですが、著者が語るように、この本は家族の、愛の、パートナーの、人間関係の物語であり、普遍的な人間の営みに関するとても興味深い、面白い本でした。

白楊社は、自然科学に関するユニークな翻訳書を多く出版しているので、他の本も読んでみようと思います。

皆さまも実りの秋をすこやかにお過ごしください。

2年ぶりの関西ぶらり旅

プライベート

こんにちは、松尾です。

先日、友人の結婚式のため神戸へ行ってきました。
大阪出身ではあるもののコロナウィルスの影響で2年は関西の地を踏むことができておらず、せっかくだからと神戸、大阪、京都を楽しんで帰ることにしました。

特に京都は学生の時分に訪れて以来でした。
当時の学友達との思い出が蘇り、青春だったなぁと感慨深くなりました。

清水寺や八坂神社を周った後、銀閣寺へ行きました。学生時代に銀閣寺を見たときは地味な印象しかありませんでしたが、金閣寺のように華やかでなくとも自然に溶け込む佇まいに侘び寂びを感じました。

実はこの後金閣寺にも行き、煌びやかさに圧倒されました(笑)それぞれの良さがあっていいですね。

年末年始の帰省では和歌山の方にも行ってみたいです。ゆっくり時間を取れるように年末までお仕事頑張ります!

松尾

蟹の甲羅

プライベート

 変わっている、と人によく言われます。

 大体良い意味で言われる言葉ではないにしても、自意識の高かった学生時代なんかには、人とは違うとか個性的とかいうふうに良いように解釈して、この言葉をまんざらでもない気持ちで受け取ることができましたが、いい大人になってからはさすがにうれしくも何ともないどころか、つい苦虫でも噛んだような顔をしたくなります。

 人と足並みを揃えるのは難しいことです。

 普通に生きる、というのはなんて事のないことだと昔は思っていましたが、最近では普通であるということはなんて難しいことかと思います。

 ついつい高望みをしたり、欲を出したり、調子に乗ったりして、僕は僕が思う僕と違う姿で人前に現れるんでしょう。

 蟹は自分の甲羅に似せて穴を掘るそうです。

 自分が蟹くらい利口ならば良いのになぁ、とふと思ったりします。

岩切

ハロウィン

プライベート

皆様はじめまして。
9月1日付で汐留社会保険労務士法人に入社致しました友重と申します。
ご挨拶も兼ねて、ブログを投稿します。よろしくお願いします。

10月のイベントと言えば、ハロウィンですね。
私は、幼少期をアメリカで過ごしていました。ハロウィン当日は、大人に引率してもらって近所を練り歩き、「トリックオアトリート!」と言ってお菓子を貰いに行っていました。
今となっては、当時何をしていたんだろうか、少し不思議な文化にも思えるのですが、せっかくなので、アメリカのハロウィン文化について紹介してみようかと思います。

ハロウィンは子供達が毎年楽しみにしている一大イベントです。衣装のお店もたくさんあって、どんな仮装をしようかワクワクして準備をします。

ただ、アメリカと言えば、幼児誘拐などの事件が多いですよね。知り合いの家だけを周ればいいのですが、地域一帯の子供達を大人が引率し、訪問していたので、知らない人の家に行くこともありました。

ご近所さんから山のようにお菓子を貰い、ニコニコで帰宅すると、お菓子は一旦全て親から取り上げられます。

お菓子を「知っている人から貰った分」と「知らない人から貰った分」で仕分けます。

「知らない人からもらったお菓子」は、残念ながらごみ箱行きです。

「知っている人からもらった分」は細工がされていないか、お菓子の包み紙の穴や開き具合などをこまかく確認され、親からの合格を貰ったお菓子だけを食べることが出来ます。

たくさんお菓子を食べたかった私には、すごく悲しい光景でしたが、ハロウィンのお菓子に毒を入れられ、子供が亡くなる事故も起こっていたようです。

2020年のアメリカのハロウィンはコロナの影響もあり、静かに過ごしたようですが、今年のハロウィンは復活しそうだと、ニュースで見ました。

とりあえず、日本では大人しく過ごすハロウィンになりそうですね。私はせめて、かぼちゃの煮物を食べて少しハロウィン気分を味わおうと思います。

友重

鍋割山

プライベート

先日、友人と久々に山登りに行ってきました。

今回登ったのは神奈川の丹沢地方の鍋割山という標高1,273mの山で、山頂の山小屋で食べられる鍋焼きうどんが登山者の憧れでもある、素敵な山です。

実は、この鍋割山には以前一度チャレンジしたことがあるのですが、

その際はハードな上級者向けの登山口からスタートしてしまい、鍋割山にたどり着く手前の山で、鍋焼きうどんにありつけず泣く泣く下山したという未練の山でもありました。

今回は、事前の下調べをしっかり行った上で、気合十分に6時前には自宅を出発しました。

初めの1時間程度はほぼ平坦な道をぐるぐる登って行くようなゆるやかな道のりで、鳥の声や、沢の水の音を楽しみながら登っていく余裕がありました。

登り始めてしばらくのところに水の入った大量のペットボトルが置いてあります。
これは、山頂の山小屋で使用する水を登山客にボランティアに運んでもらうために置いてあるものなのですが、ここまでの道のりに体力を持て余していた私は、標準の2Lサイズのペットボトルを1つ背負っていくことにしました。

しかし、2Lペットボトルの水をリュックにしまってからの道のりが中々ハードなもので、早々に後悔をしました。

更に、天気予報では曇りの予報でしたが、ポツポツと雨まで降ってきました。

この鍋割山は急な勾配はなかった印象ですが、そこそこきついレベルの傾斜が何時間と長く続き、

今度こそラストスパート。今度こそラストスパートのはず・・・と何度も自分を誤魔化しながら気力で足を進めていきました。

そして、

「今度こそ・・・」を5回ほど繰り返したところで、

ようやく階段の先に山小屋が見えてきたときは、思わず叫んでしまいました。

山小屋に到着した頃には、結構な雨が降っていたのですが、山小屋内では現在食事ができないため、

鍋焼きうどんも顔も雨水でびしょびしょの状態でうどんを啜りました。

それでも冷えた外気の中、疲れた体に染み渡る温かい鍋焼きうどんは、やはり格別でした。

いつもは食事の後のコーヒータイムを1番の楽しみにしているのですが、

雨もやみそうにないので人で混み合う前に早々と下山をし、地元の温泉にゆったり入り、帰宅するという最高の休日となりました。

今回は残念ながら天気が悪く、景色を楽しむことができなかったため

またいつか天気の良い日に登ってみたいものです。

坂谷